プロフィール

白岩シンジロー

Author:白岩シンジロー
1984年・ネズミ年生まれ。
主に、129号線沿いに出没していた。
茅ヶ崎に憧れ続け、ついに茅ヶ崎市民になった24歳。
これからは、134号線沿いに出没予定。

馬入の川みりゃ
あっちに見えるは
西湘・犯罪都市平塚
もう行かないぜOSC
これからの俺は
湘南モールフィル!!

尊敬する人

矢沢永吉。
高杉晋作。
諸葛亮孔明。

好きな言葉は
おもしろき
こともなき世を
おもしろく

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痩せ蛙 負けるな…

白岩シンジローです。


今頃、サークルの後輩達は尾瀬にいるんですね。
リンにあげたTシャツは、今年は誰に受け継がれるんでしょうか?


あれからもう一年経つんですね。


kachiiiさんが車を運転してビビってたのや、Yが運転した事が昨日のようですね。


昨年さったんにあげた、「山大Tシャツ」は、来年誰かの手に渡ります。
受け継いでいかなくては、ならない物っていうのはあるんです。サークルってのは。


後輩の皆さんが、演芸会だか夏合宿バンドやっている頃、


INORAN君から深夜連絡がありました。



なんか、ゆうこりん(松戸)に


「静けさや モーセ滝割る 水の音」 ヘクの細道


が、すげーウケたそうで…



さすが、ゆうこりんですね。



調子に乗ったINORAN君は、今度は小林一茶に挑戦してきました。



「痩せ蛙 負けるなヘクタ これにあり」



う~ん…ずいぶん無理がある感じがします。



なんにしろ、俳句ネタが大好きなんですね。



今度、kkbと「ゆってぃ」を観に行きたいと思います。



*********************************



今週、奇跡的に土日休みなんですが、
昨日(土曜日)aikoがサザンビーチにやってきました。



二年前も僕は観に行きましたが、このライブって無料なんですよ。
しかもシークレットなので、あんまりテレビとかじゃ放映されませんが、けっこう本格的。


SBSH0210_convert_20080831172549.jpg


SBSH0214_convert_20080831172613.jpg


会場では、「お~いお茶」が無料で配られました。


aikoのにわかファンだった僕ですが、わりかしポピュラーな歌が並んでいたので助かりました。


aikoはサザンファンみたいで、あえてサザンビーチでやってくれるんですね。


「チャコの海岸物語」と「いとしのエリー」を歌ってくれました。


二年前は「思い過ごしも恋のうち」でしたが。


シークレットとは言え、うん千人は来場者がいました。


最後には花火もたくさん上がって、無料なのに太っ腹でした。


お茶も花火も無料で提供してくれて、aikoってば男気のある歌手ですね。


で、昨日のアド街の特集が「茅ヶ崎 サザン通り」だったので見ました。



そしたら、サザンビーチにある「CHIGASAKI 夏 倶楽部」という海の家のオーナーが桑田さんの同級生らしく、そのお母さんの作った「サンマーメン」を桑田さんが絶賛してたとかで…



今はメニューにないそうなのですが、今日30食だけ限定発売するとのことだったので、今朝行ってきました。


※ちなみに、サンマーメンって神奈川にしか無いみたいですが、ラーメンの上に中華丼の具が載っているようなラーメンです。


サザンビーチまで、歩いて行けるところに住んでいるなんて…


正直、嬉しかったです!



SBSH02191_convert_20080831172811.jpg


SBSH02231_convert_20080831172837.jpg

SBSH0221_convert_20080831172725.jpg


今年、初めて行った海の家が「サンマーメン」を食べるのが目標だとは、、、


来年の夏こそは、さすがに海で泳ぎます…


最後に、最近コメントしてくるエロ系のコメントに対して、MUAさんがノヒタさんのせいにしてるのに爆笑しました。



【今週の名シーン】


Y「あの~先輩すいません!今日、田町かなんかで飲みたいんですけど…」


西海「私も、(社会人)一年なんだけど!?」


西海「さいかいってんだ。今日は岐阜から来たんだ!」


Y「ぎっ…ぎふから…」


西海「君はどこから?」


Y「あっ…Yってんだ。僕は綾瀬から…」


ゴクゴクゴクゴクゴク


Y「西海…」


西海「うん?」


Y「会社ってつまんないね…」


西海「最初はな…」


MUA「こら!寝るなY!」


Y「西海…携帯を亡くしたことは?」


西海「亡くしたのかY?」


Y「……」


西海「私は無いね。ただの一度も!」


Y「…メガネもないんだけどな…」
スポンサーサイト

不運と踊っちまってる!?

こんにちは。白岩シンジローです。


ケンタロウさん・ツグミちゃん結婚おめでとうございます!!



土曜日も仕事(しかも終わりが11時)で、日曜日も仕事だったので、
行けなかったのが残念ですが、ギリギリですが二人と大学時代を共に出来た代として、
お二人の御結婚はみんなの希望であり、喜びでもあると思います。
この場を借りて言わせてもらいます。本当におめでとうございます!!


************************************************************


最近、同期と「特攻の拓」についてよく話しをします。



みなさん、「特攻の拓」って読んでました!?


「特攻の拓」風に言うと、


「おう!?特攻の拓くれぇ…“詠み”くれてんよなぁ!?ボクゥ!? ビキッ!?


今から、ちっと「特攻の拓」風に書いてみんよぉ…


そーなんだぁ。。。
「特攻の拓」はちっと前に少し、セロニアスのネタで使ったっけぇ…
ドえれー名言が多い漫画なんだぁ…


スラムダンクには敵わねぇーかもしんねぇ…
けど、ジョジョ並にはあると思うんだぁ…“俺”ぁよぉ…!?


いっとー有名な台詞はよぉ…
「事故る奴は…“不運”と“踊”っちまったんだよ…」

img296_bokunatu04.jpg



っていう鰐淵”のセリフだぁ…鰐淵!?ビキッ!?


これってよぉ…
「不運」って「ふうん」って読むんじゃねぇんだぁ…


「不運」と書いて、「ハードラック」って詠む”んだよぉ…


素晴らしい!!!


疲れるから、普通の“噺”し方にすんけどよぉ…!?


他にも「変化るな…この街もよ」


この場合、「変化」って書いて、「かわる」って読むんですよ!!


いや~絶対わかんないですよね。


けど、一番ボクが衝撃的だったのは…


「おう!“バール”持ってこい!!」


バール!?10代のケンカで「バール!?」ビキッ!?


↓バールってこれですよ!?

5106001_s.jpg


死にますって!!確実に即死ですから!!


緋崎は頭がいかれてました。


しかし、緋崎以外にも“ブ”っとんだキャラがいました!?


一条武丸です。


20041117110526.jpg


↑これ見つけて、すげービックリしました。


間違いなく、悟空と戦っても勝てます。

っていうか、他の漫画の誰よりも強いでしょう。

ヤムチャと戦ったら、ヤムチャなんか即死だと思います。

っていうか、鳥山先生に即死させられるでしょうね。



けど、ボクは旗持ちの「ジュンジ」が一番好きでしたけど。


登場人物が多すぎて、最後の方は話がめちゃくちゃでしたが、、、


「カメレオン」や「湘南純愛組」なんかと比較しても、圧倒的にリアルさが桁違いでした。


「爆音列島」と対等レベルじゃないですかね。


なんにせよ、「特攻の拓」は半端ない漫画でした。


まだ、読んだ事のない人がいたら…


「ひき肉にしちゃうよぉ!?」


d823b2db_convert_20080825095640.jpg


おあとがよろしいようで…

休みは終わり、夢は枯野を駆け廻る

社会人としての夏休みが終了してしまいました。



白岩シンジローです。



茅ヶ崎の前田慶次に頼まれて、加賀の前田慶次を偵察してきました。

おばちゃん達と麻雀してきました。

地元の友人達とカラオケに行ったり、麻雀しました。

サザンオールスターズのライブに行ってきました。


「漂泊の思いやまず」の気持ちで挑んだ、今年の夏休み。

結局、終わってみれば、

「休みは終わり、夢は枯野を駆け廻る」ってな感じでしょうか。


サザンのライブの帰りの東海道線で、横浜駅には「ムーンライトながら」を待っている若者達が、ごった返していました。


もう、そんな長い時間かけて旅に行く事もないでしょう。


いや~正直、羨ましかったです。


今思えば、ニノと神戸まで1○0円で行ったのが遠いことのように感じます。


ちょっと振り返ってみよう。


そういえば、やっぱりCぃちゃんは相武紗季に似てますよ!


写真で茅ヶ崎200万石

白岩シンジローです。


相模国が200万石になって、早いもので半年近く。


茅ヶ崎の城下町も、外資がどんどん入ってきました。


そんな茅ヶ崎市民は、

「茅ヶ崎に住んでいる人は、東京よりも自分達の方が偉いと思っている」


と何かのローカルサイトに書いてありました。


偉いとは思ってないけど、東京には住めません。
鎌倉市民は、確実に自分達の方が東京より偉いと思っていると思います。


神奈川とゆうのは不思議な県で、「相模川」を境に、まったく文化が変わります。


茅ヶ崎を始めとする、葉山までの沿岸部を、世間の人は「湘南」と呼びます。


ただ、そんな沿岸部もエリアによって、まったく違う顔を見せます。


葉山・逗子エリア

…逗子はラ○研おなじみの地になってますが、「太陽の季節」の町。
マリーナを始め、逗デニ・葉デニと呼ばれるデニーズは、デニーズとは思えないほど、
オシャレな店構えをしています。
またお金持ちが住む町とされていて、石原軍団・みのもんたをイメージする人も多いでしょう。
最近、キマグレンが躍進して、サザンの地位は逗子に持ってかれるでしょう。


葉山は、言わずとしれた御用邸の町で、町内には電車が通っておらず、
パチンコ屋なども、たしかなかったはず。
また「日影茶屋」や、「げんべい商店」など、独特の文化を持つ。
湘南と呼ばれるエリア唯一の「町」でありながら、周辺市町村から馬鹿にされない町。
これってけっこう珍しいと思う。

両市町に共通するのは、「決して自分達を湘南と言いたがらない」こと。


鎌倉

…きっと日本一の多彩な面を見せる街でしょう。
神社仏閣を大切にした歴史ある街並み。
由比ガ浜や江ノ電の海を抱く風光明媚な街。
地価は、都内から離れた片田舎でありながら、都内一等地並。
由比ガ浜駅徒歩3分の、1Kの物件は家賃8万しましたからね。

「横浜市民と鎌倉市民は、お互いを決して羨ましいと思わない」
と言いますが、鎌倉市民は誇り高いんですね。
よく、江ノ島を鎌倉市にあると思っている人がいますが、江ノ島は藤沢市。

その藤沢市を、完全に格下に見ている鎌倉市民。

人口16万人程度の市が、人口40万人の市を格下に見ているケースなんて、かなりレアだと思います。熊谷市民が、川口市民を見下しているようなもんかな。
ちょっと違うな。。。

「湘南」と聞くと、江ノ電を思い浮かべる人が、かなりいるはずなのに、、、
「湘南」と聞くと、由比ガ浜や鎌倉高校前の風景を思い浮かべる人が、かなりいるはずなのに、、、


葉山・逗子の何倍も「湘南」と呼ばれたがらない街

これ、本当にそう思います。



藤沢

…このエリアの中では、大都会。
駅前には、さいか屋、OPA、ビッグカメラなどが並び、駅前はかなりの繁華街。
なのに「藤沢」という地名は、まったく知名度が無く、
全国に行ったら知らない人がたくさんいるでしょう。
「江ノ島」の方が、「藤沢市」というよりも100倍くらい有名でしょう。

おそらく藤沢市民は、「湘南から来た!」とか「江ノ島の方から来たよ!」
って、全国では言うでしょう。

そういう面もあってか、このエリアの中ではかなり「湘南」という文字を使う。
平塚市とは比べ物にならないにしても、
次に藤沢が「湘南」って文字を使うんじゃないかな。

藤沢・茅ヶ崎に限ることかもしれませんが

「湘南」は東海道線以南まで

これは、本当によく言われることで、SFCとかがある「湘南台」とかは、海のイメージはまったくない。
しかし、「辻堂」とか「鵠沼」とか言われると、とたんに潮風が通ってくるような印象を受ける。
特に「鵠沼」は高級住宅街で、ひょっとすると「藤沢」と言うより、「鵠沼」って言った方が有名かもしれない。

江ノ島と似ているが、「辻堂駅」は茅ヶ崎市にあると思われているが、「辻堂駅」は藤沢市。

知名度はないかもしれないが、なんだかんだ言って「湘南」の中心地は藤沢市。
むしろ、江ノ島。


茅ヶ崎

…茅ヶ崎については、何も書きません。
写真だけ載せておきます。
いつでも攻めにきてください。200万石の兵隊は強いですよ。
大名が一番強いけど・・・

↓柳島から、江ノ島までの「湘南サイクリングロードの夕方」

SBSH0038_convert_20080819174437.jpg

↓言わずとしれた、「サザンビーチ」。サザンの新曲のジャケットに使用。

SBSH0035_convert_20080819174411.jpg


SBSH0062_convert_20080819174456.jpg


SBSH0129_convert_20080819174630.jpg

↓海で日焼けをする人や、一休みしたい人が使う場所。
僕は、ここで本を読むことが多いが、大人気の場所なのでいつも混雑。

SBSH0188_convert_20080819174918.jpg

SBSH0181_convert_20080819174824.jpg

SBSH0185_convert_20080819174901.jpg


SBSH0191_convert_20080819174951.jpg

↓ブックオフ茅ヶ崎汐見台店の近く。ほぼ辻堂の付近。
ここまで来ると、江ノ島もくっきり見えます。


SBSH0149_convert_20080819174734.jpg

夕方 HOLD ON ME

世界で1番、素敵な夕方HOLDONME~

白岩シンジローです。


サザンオールスターズのライブに行ってきました。


定価の2倍以上しましたが、もう執念で取りましたよ。


だってせっかく、茅ヶ崎にいるんですから。


すごい遠い席でしたが、めちゃ長いライブでした。

多分、サザンランクA級以上じゃないと、全曲わからないと思いますよ。


「いとしのフィート」とか、「奥歯をくいしばれ」とか、にわかサザラーじゃ、きっとわからないと思います。


サザンのライブでやって欲しい曲のアンケートを取ってたんですね。


それで上位になった曲は全部やるみたいな。


僕は迷いなしに「夕方HOLDONME」とゆう曲に投票しました。


当日のライブで、ランキングが発表になったんですが、上記の「夕方~」は24位くらいでした。


さすが、サザラーはお目が高い!


わすれじのレイドバックとか、イエローマンとか、マチルダBABYが上位に来てるのは、本物のサザラーが投票したんでしょう。


「Tarako」や、「ジャパネゲェ」が上位にいたのは絶対嘘だけど。


それでも、、、


3位「いとしのエリー」

2位「希望の轍」

1位「真夏の果実」


やっぱり真夏の果実は人気ありますね。


僕がサザンバンドでやらせてもらったのは、いつだったか…
確か三年生の時だ。


しっかし、演奏中茅ヶ崎駅のホームや、えぼし岩やサザンビーチなどの映像が流れるのは本当に嬉しい。


多分、こんだけ自分の地元を歌った歌手ってのはいないでしょう。


歌に出てくるのは、茅ヶ崎~葉山の日影茶屋までのエリア。


完全に桑田さんも、湘南は茅ヶ崎~葉山までだと思っているって事です。


かくいう桑田さんは、「湘南」って言葉が嫌いなんですけどね。


稲村ジェーンにこういうシーンがあります。

「湘南?湘南なんて誰も言わないよ。ここは稲村。稲村ヶ崎!」


これは、茅ヶ崎200万石で紹介しますが、鎌倉に住む人の特徴を端的に表した台詞です。


神奈川は絵になる県ですよ。

江の島
渚橋
マリーンルージュ
大黒埠頭
稲村ヶ崎
由比ヶ浜
えぼし岩

などなど…


神奈川じゃなきゃ、ありえなかった歌ばっかりですよ。


まぁ、サザンオールスターズってのは奇跡的なバンドで、30年とゆう期間よりも、「30年間ずっとトップチャートを賑わした」とゆう偉業が本当にすごい。


「TSUNAMI」がレコード大賞を取った時に「ひばりさんの背中が見えてきました~」ってゆうセリフを叫んだのは有名ですが、桑田さんの頭には美空ひばりとゆう大先輩が常にいたんでしょう。

その国民的歌手の美空ひばりの背中が見えてきた。それは桑田さん自身も、美空ひばりと同じ領域に到達したと実感した証拠です。


なにしろサザンオールスターズのライブは盛り上がる。


桑田さんは観客に対して「スタンドアリーナー!」って言いますが、ミスチルは「みんな~」って言います。


そこが歌手としての幅の差であり、人間の幅の差だと思います。


だって、ミスチルのライブつまんないんだもの。何もくだけないし。。。


マンピーのGスポットはサザンじゃなきゃ創れなかったし、サザンじゃなきゃ歌えないでしょう。


夕方~も、爆笑アイランドもやってくれた今回のライブ。


是非、C級以上の人は行くべしです。



SBSH0199_convert_20080819174200.jpg


SBSH0200_convert_20080819174244.jpg


SBSH0201_convert_20080819174259.jpg

SBSH0202_convert_20080819174315.jpg

靖国神社

白岩シンジローです。


右でも左でもなく、国を憂う国民として
終戦記念日に「靖国神社」に参拝してきました。


ちなみに「クニ」も憂いていますが・・・


SBSH0196_convert_20080819174047.jpg

SBSH0195_convert_20080819174008.jpg


SBSH0197_convert_20080819174104.jpg


SBSH0198_convert_20080819174122.jpg


小生が、こうしてしがないサラリーマンをやりながら、
こんなぼんくらでも好きな町に住んで、食う物や住む所に困らない生活が出来ているのは、
もちろん親のおかげ・・・先祖のおかげ・・・


しかし、その前に「英霊達のおかげ」なわけです。


日本のために戦って亡くなっていった人達を、日本の総理大臣が参拝しないなんて論外です。


ここに眠っている英霊は、大東亜戦争で亡くなった方だけじゃありません。


国事に奔走した先人達、すべてがここに眠っているのです。


すなわち、坂本龍馬や高杉晋作なんかも眠っています。


西郷どんは眠っていませんが・・・


当日は酷暑の中、大勢の人達が参拝に訪れていました。


まだまだ日本は、大丈夫かもしれないという気持ちの反面、
福田首相が来ないという、どーしよーもない現状があります。


靖国神社に行くと、自然と背筋が伸びました。


日本を創った先人達に、背中を見られている気がするんですよね。


自分の背中は、英霊に対して恥ずかしいものではないか?


まだまだです・・・


私なんか、ガナルカナルとか、ルソン島とか色んなところで戦死なさった、
同じ歳くらいの英霊の足元にも及ばないでしょう。


「七生報国」とまではいかないけど、せめて日本のことを考えた若者でいたいです。



************************

日本国民としてやることはやった僕は、


その後、麻雀をしに池袋まで行きました。


半年ぶりくらいでした。


目白に「卒業証書」や「成績証明書」などを取りに行ったら、大江が電車から降りてきました。


ものすごく愛想がなくて、びっくりでした。


でもま、そこが彼女の魅力ですよね。


きっと、ボビーの顔がむかついたんでしょう。


そういうことにしておきます。


来年から、所属がなくなる大吉は


「オレ、就職先決まりましたよ。自宅総合警備保障っす。三食付きで、泊まるとこも無料っす。」


とてつもないカスっぷりです。


しっかし、オバちゃんとやる麻雀は久しぶりで、とても楽しく打てました。


「(ボクが)大学2年くらいの黄金時代に戻りたいなぁ・・・」って、ずーっと2人で懐かしんでました。


あの時は、ノヒタさん、MUAさん、大先生、オバちゃん、R太郎さん・・・


面子に困る日なんか、考えら得れなかった時期でした。


ボクも一人暮らししてたし。


ノヒタさんが、ずーっと「ガンダーラ」って歌ってたのは、いつの日だったか・・・


過ぎた日々は帰ってこないもんですね。


ニノと、イナミーネくんは、横浜から仕事終わりに池袋くんだりまで来てくれました。


どーもありがとう。やっぱり麻雀は最高です。

まっすぐな道でさみしい

白岩シンジローです。



月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

浮き世の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖とす。

古人も多く旅に死せるあり。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、「漂泊の思ひやまず」


古池や

蛙飛び込む

水の音


古池や

モーセ滝割る

水の音



松島や

ああ松島や

松島や


長方形(超包茎)

ああ長方形(超包茎)

長方形(超包茎)


・・・なんで、INORAN君が芭蕉にこだわるのかわかりませんが、
「ヘクの細道」っていうタイトルは面白いです。





芭蕉から一歩離れて、今回は山頭火をテーマにしてみました。




さったんが行ったので、金沢行ってきました。


気分班で行きたかったのですが、ガソリンがこんなに高いと行けませんよ。
去年はギックリ腰になったし・・・


ここが、モーコを産んだ街かと思うと、思い入れ深い街に見えました。
この城下町が、あの豪快と繊細が同居する、最高のモーコを産んだのですね。
モーコは横浜に来てもらって以来、会ってません。
ラスト練だか、引退式だか、とりあえず何かを見には行きます。


いたるところに「能登」って文字が書いてあります。


もういいよ!金沢くんだりまで来て、結局この文字から離れられないのでしょうか。


感想書いてると面倒くさいので、書きません。
ただ、すごい都会だし、すごい良い街です。


小田原にも見習ってもらいたい。
同じ城下町なのに、駅前にどーんとTAITOのゲームセンターやパチンコが並ぶ街並みではなく、武家町通りみたいなところには、感動すら覚えました。


表現の仕方を変えると…

正直、楽しかったです!




さすが加賀百万石です。


しかし、茅ヶ崎二百万石も負けていません。



正直、すごかったです!!



どーでもいーけど、麻雀やりてー!!


ノヒタさんが千葉に帰ってしまったので、OBだけでやる企画は無理そうです。。。


死ぬほど麻雀がやりたくて、黄龍二段が、黄龍十二段とかになってしまいました。


ダブルリーチ
一発
ツモ
平和
タンヤオ
三色同順
一盃口
ドラドラ
Y!(2翻)

16000オール!!


あと、本当にどーでもいいんですが、、、

51ZFHY5T02L_convert_20080813181400.jpg


こいつら面白すぎます。

漂泊の思ひやまず

白岩シンジローです。


さっき、僕の大の仲良しのINORANから、芭蕉風の大先生コメントが来ました。


「ヘクは意外と速く泳ぐ」の衝撃には及びませんが、コンスタントにA級妖怪クラスのネタを提供してくれます。


彼は本当に、大先生ネタを作るのが上手です。


釣られて、僕も芭蕉タイトルにしてみました。


そうなんです。


夏になり、青春18切符が売ってる時期なのに、旅に行けない社会人になってしまった僕は、最近「漂泊の思ひやまず」とゆう芭蕉の気持ちです。


今日から夏休みなので、旅に行ってきます。


帰ってきたら、本当に麻雀がやりたい。


麻雀がやりたい。
麻雀がやりたい。
麻雀がやりたい。


東京嫌いな僕ですが、旅行から帰ってきたら、ノヒタさんと麻雀するために、品川まで行こうと思います。


そういえば、オールド・ボーイ面白いです!


任侠か麻雀がテーマだと思っていたのに、まさかの監禁がテーマだったなんて。。。


ノヒタさんが無理なら、ニノか大吉か上松。


本当に最悪、丹羽でもいいから、麻雀やりましょう!!


お盆中、麻雀出来る人は連絡ください。
こちらからも連絡します。


麻雀やるために、DSを実家から持ってきてしまいました。


パワプロ以外ゲームやらない僕ですが、「麻雀格闘倶楽部」みたいなやつを最近やってます。


今、黄竜二段とかになりました。


次は、ドラクエ4でも買ってやろうかな~
ライアン!


ドラクエ5は、あの残酷な選択に悩まされますので、やりたくないです。


【今週の名シーン】

R輔「仕事に行くつもり先輩?」

Y「行く!」

R輔「顔がむくんでるのに?」

Y「行く!」

R輔「休まないと!」

Y「行く!」

R輔「池袋から真夜中電話してきたのよ!?」

Y「いいからウコンの力だ!」

Y「くそ…どうして今ノデチンと会うんだ…」

Y「顔がむくんでてもいい、前髪がパッツンでもいい。」

Y「やっとつかんだチャンスなんだ…」

R輔「先輩…」




高校にはサークルは無く、Yは文常に入ろうとした。

Y「ドキドキ…」

にもかかわらず…

文常の三年生をこてんぱんにした。

Y「なんでぇ…てんでつまんねぇ…」

先輩「今度から、口の聞き方に気をつけろ!」

Y「退屈なんだよ…てめーらなんか。。」

それでも、F野さんにラ○研に誘われたのは幸いだった。

MUA・熊さんといった先輩がいたからである。

だが…相手になる奴はいなかった。黎明にも…

大先生「DJの時は集中するのに、授業になると集中力に欠けるというか…」

ボビー「それ、俺のせいかもしんねぇすよ大先生」


ボビー「あいつは1年の内から、酒を飲み始めた。今まで飲んだ事なかった時期から」


ボビー「あいつは3年になった時に、初めて俺を負かした。あの時の、あいつの顔は忘れられねぇ」

ボビー「思えば、あの1on1の日々が、あいつの人生を決めちまったのかもしれねぇ。」


ボビー「大先生、あいつをシェイクスピアに留学させてやってくんねぇっすか?」


大先生「え?」


ボビー「シェイクスピアなら、あいつくれーのがゴロゴロいる。それがいーんだ。」


ボビー「留年こそ、奴の生きがいなんです。」


Y「うぉっ!」

留学は成功だった。

Yは留年を決めた。


ヘクタ大先生

白岩シンジローです。


大学時代、僕の一つ上の先輩に、ヘクタ大先生という人がいました。


よく名前が出てくる、リンさんが弟子入りするほどの人でした。


大学時代から、本当にすごい人だと思っていましたが、社会に出て一層すごい人だったと再確認します。あんな人は、社会にもいません。


ヘクタ大先生の凄さは、口では表現出来ないけど、端的に凄さを言うとすれば、その名言の数々にあると思います。


1「関根は煮ても焼いても食えない、ブルーギル的存在ですわ~」

…関根先輩は、確かに食えない男ではありましたが、人をブルーギルに例えるのは、社会広しと言えども、ヘクタ大先生しかいないでしょう。


2「49!」

…サンキュー(39)の、一段上のスペシャルな感謝の意味だと思われます。


3「太郎と俺とは、クロコダインとバランくらいの差があるんだから、気軽に電話してくるんじゃないですわ~」


…後輩の太郎がヘクタ大先生に電話した時、言われたセリフ。後の名言に「太郎とは布ごしじゃなきゃ、会話しねぇ。」「太郎はヤムチャ」があります。人の格を表す表現として「ダイの大冒険」を用いるのは、ヘクタ大先生だけでしょう。


4「モナ、神精樹の実でも喰ってろ!」


…麻雀を断った僕に、ドラゴンボールの「ターレス」が出てくる映画で登場した、「神精樹の実でも喰ってろ!」と言った大先生。世界広しと言えども、ヘクタ大先生だけでしょう。


5「あぁ~瀬戸内ジャクソンね~」

…瀬戸内ジャクチョウを大先生は「瀬戸内ジャクソン」だと思っていて、勘違いした時の名言。


6「ポン&チーで優勝したるんじゃ!」


…大先生が「麻雀をスラムダンク風に語るスレ」にはまっていらした時、よく使っていたセリフ。
このあとに、「馬鹿を言うな!そのポン&チーで毎回3チャ止まりじゃないか!」と続く。


7「Yはヘレンケラーだな。」


…部室で、Yの事を「お金が無い・単位が無い・人じゃない」って言っていたら、大先生が言ったセリフ。
あまりにも大先生の頭の回転が早過ぎて、みんなついていけなくて、一瞬空気が止まった。
「見えない・喋れない・聞こえない」という、ヘレンケラーとかけたもの。さすが大先生。


8「そりゃ、モーゼも海割るわ~」


…僕が直接聞いたわけじゃないが、誰かをツッコム時に言ったらしい。すかさずヒゲさんにネタにされてた。ツッコミとしては、ハイクオリティー過ぎたか。


9「やっちゃえやっちゃえ~」


…人を囃す時に、大先生が言うセリフ。僕はこのセリフが好きで、一時期こればっか言ってた。


10「ぬるいメンツがいると困りますわ~」


…麻雀で誰かが放銃したり、安易に鳴かせると大先生が言うセリフ。


11「足元がお留守になってますよ!」

…元ネタは、ドラゴンボールでヤムチャが、神様(シェン)に言われたセリフ。これを実世界で使えるのは大先生ぐらいのもの。


12「小久保みたいな中途半端な奴にバスケットボールを蹴られると、むかつくんですわ~俺も一応、バスケやってたしね」


…まだ大先生と小久保が仲が良くなかった時、小久保がバスケットボールを蹴っていたら、それを見た大先生がお怒りになった時に言ったセリフ。


13「ヒゲも寒くなったもんですわ~」

…ヒゲさんが委員長時代、対外的な事を気にして、裸にならなかった時に、大先生が言ったセリフ。ここから、取っ組み合いの、大先生VSヒゲの戦いが始まった。


14「サブは長方形(超包茎)だからな~」

…下ネタ。言われた当本人のサブは、なぜか喜んでいた。



ヘクタ大先生という人は、本当に偉人であった。

多分、これから先の人生にも、もう出会えないでしょう。ヘクタ大先生と交流できた全ての後輩は、社会に出てから、大先生の偉大さと凄さを改めて知る事になるでしょう。


リンには負けるけど、大好きなヘクタ大先生。
久しぶりに一局、打ちたいもんです。




【今週の名シーン】

観客「外国書購読がテスト制になって、どれだけ得点出来てるか楽しみだな」

「私も長島さん大好き!」

ざわざわ…


観客「やっぱSPSSだよ!あいつのレポートは見ててスカッとするもん!!」


観客「大河内だ…いつも休講にする大河内あっての経済学部だ」


観客「早く見たいな卒業発表」


大先生「留年ファンが多いようですね」


Y「ほとんどですね」


Y「スーッ、フー」


Y「悪いが皆さんの期待通りにはならん…」


「試験前の恐怖心は誰にでもあるもの」


「それから逃げずに、追い込まれ…そして乗り越えた時に初めて理想の、学年末試験にたどりつける。」


「さすがYくん…たどりついたね。」


Y「そろそろ時間だ。用意はいいか、おまえら?」

白岩・土井・ニノ「おう!?誰に言ってんだ?」


観客「45組だ!出てきたっ!」


学生「ちくしょう、こっちはまだ試験やってんのによ。Y卒業しねーかな。無理だけど…」


「相当固くなってたからな。あいつら…」


Y「いいか…客の9割は留年ファンだ」


Y「オレたちゃ悪者か。おもしれえ」


Y「ワルモノ見参!!」


ケチ「乗り越えたたか…まぁこれでようやく、スタートラインに立てたとこだ。」


「単位が足りない事に変わりはないからな…心してかかれよ…」

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。