プロフィール

白岩シンジロー

Author:白岩シンジロー
1984年・ネズミ年生まれ。
主に、129号線沿いに出没していた。
茅ヶ崎に憧れ続け、ついに茅ヶ崎市民になった24歳。
これからは、134号線沿いに出没予定。

馬入の川みりゃ
あっちに見えるは
西湘・犯罪都市平塚
もう行かないぜOSC
これからの俺は
湘南モールフィル!!

尊敬する人

矢沢永吉。
高杉晋作。
諸葛亮孔明。

好きな言葉は
おもしろき
こともなき世を
おもしろく

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤモナークは無理

ダイワスカーレットは、希代の名牝です。


エアグルーヴ並です。


寒空の下、いつ強盗にあったり、殺されるかわからない、凶悪犯罪都市平塚市の公園で、一人ワンセグを見ながら、興奮してました。


いや~正直、アドマイヤモナークが2着に入るなんて、夢にも思わなかったです。


きっとリンさんも、ハズレたんじゃないかな?


勝ったダイワスカーレットは、もう非の打ち所がない。


中山は直線の短いコース。先行馬が有利なのはもちろんだけど、それにしても強すぎ。


ダイワスカーレットの距離適正は2000メートルくらいですよ。
2500メートルであれなら、もう負けようがない。


馬連をダイワスカーレットから総流しすれば、必ず当たる。


今回は、まさに総流しでしか当たらないです。


ダイワスカーレットに併せて、前を行った有力馬は軒並み全滅。


ポツンとおいてきぼりをくらった、アドマイヤモナークが漁夫の利で2着。


まさに、ヘクタ大先生の「モナ~」が奇跡を起こした。


まぁ、今回はダイワスカーレットの単勝に10万賭けなかった、私の負け。


3万円が、期待通り0円になりました!


「一年の計は、金杯にあり!」


来年は、JRAにレクサスを買ってもらう予定ですから!




そして来年、相模原に異動にならないと良いなぁ~



でも、「凶悪犯罪都市・西湘ひらつか」も嫌だなぁ。。


社員の人はみんな大好きなんだが…
スポンサーサイト

ヘク天堂大学

最近、会社の本部から連絡が来ました。


本部に送るメールでは、
「楽しかったです」
「嬉しかったです」
「すごかったです」


などの表現は、稚拙な文章になるので、多用しない様に気をつけて下さい。

とゆう、お達しです。


思わず笑ってしまいました。




最近、ママン(鈴木)から連絡がきて、「新春神奈川県民の会」を行う事になったようです。


後輩への連絡は、動物園さんに頼みました。
よろしくお願いします。


イノラン企画の、ヘク天堂大学が、箱根駅伝を走る事になるんでしょうか。

いや~正直、楽しみです。


さて、明日の有馬記念。


◎ダイワスカーレット
○アルナスライン
▲マツリダゴッホ
△ドリームジャーニー
△アサクサキングス
△フローテーション


でいきます。


◎ダイワスカーレットは、休み明け&初東京であのレース内容。今年は、負けるわけないです。

○アルナスラインは、アルゼンチン共和国杯で、斤量58キロで3着。スクリーンヒーローは、53キロ。で、あの着差。人気が落ちた今走は美味。

▲マツリダゴッホは、正直マイナスポイントが見つからない。
だが、今年は5歳だし、去年は条件が揃い過ぎてました。マークされる今年はキツイでしょ。

△ドリームジャーニーは、展開次第。4歳だし。ダイワとマツリダが、ハイペースを作ってくれたら、穴を開けるかも。

△アサクサキングスは、菊花賞馬。4歳の今年、叩き3戦目。
菊花賞馬は、マンハッタンカフェ以来、記憶にないけれども、馬券にはなるかも。


△フローテーションも、同じく菊花賞好走馬。今年はJC組があんまり出走しないので、菊花賞好走馬を狙うのがオイシイ。


明日は、3万を20万くらいにできたら良いなぁ~


タイノー&ドケチン

クレイジーケチバンド


「タイノー&ドケチン」



黎明抜ければ 富士見が見えるから

そのままドン付きの 地下の倉庫前で

あの頃みたいに ノビタジャケット着て

お前待ってるから 急いで来いよ

利子の話を聞け 5分(ぶ)だけでもいい

元金の事など どうでもいいから



お前の愛した 荒川のへりの

優しさに抱かれて 泣けばいいだろう ハッ!



金の金の利子の話を聞け 2分(ぶ)だけでもいい


お前だけに本当の 事を話すから


背中で睨み合う ヘクと隆じゃないが

僕の中で友と金とが 闘う

ドス黒く淀んだ ラ○の飲み会で


浮かぶ金塊みたいな 余った金よ ハッ!








泰葉最高!

マグザムかSRか

白岩シンジローです。


久しぶりに、実家に帰ってパソコンを開いています。


MUAさんが、ブルーマンズを見に行ったみたいですが、僕はブルーマンズの正体は、Yだと思っています。


藤沢に、ジュンク堂が出来るのが楽しみ過ぎて、毎日が早く過ぎて欲しいって思っています。


天皇賞(秋)は、何度見ても、興奮してしまいます。見に行けて、本当に良かった…


スクリーンヒーロー、リトルアマポーラ、カネヒキリ…


G1は、外国人騎手にどんだけ持っていかれるんでしょう。


有馬記念、見に行きたかったのに、何で仕事なんだろう…


**************


最近、大学時代に散々泊めてもらった、中学からの友人が、茅ヶ崎に引越してきました。


なんの因果か、地元にいた時より、家が近くなりました。


これで、僕は東京に出城を2つも失いました。


高田馬場、自由が丘…


これで、より一層東京に行く事は無くなるでしょう。


**************


先日、桑田佳祐主催のAAAライブを見に行ってきました。



すごい長かったんですが、改めて懐メロの良さを実感させられました。


「時の流れに身をまかせ」
「また逢う日まで」
「舟歌」
「時代」
「さらば恋人」


の5曲は、特に感動しました。


堺正章は、今でこそあんなにつまんない中山秀レベルの芸能人ですけど、彼の「さらば恋人」という歌と、「街の明かり」という歌は、最高ですよ。


僕は、懐メロが昔っから本当に大好きで、70年代~なら、だいたいの歌はわかります。


昔の時代は、本当に羨ましい。


今の時代、「みんなが心を通わせる曲」っていうのは、もう夢物語ですよね。


「他人の関係」が流れ出した時に、周りのオバサン達が、一斉に金井克子の手ぶりを真似しているのを見て、「こうやって同じ世代の人達が、皆共通して知っている曲があるなんて、羨ましい…」って、妙に感じさせられました。


今の時代は、「どれだけ人が知らない曲を知っているか」って事にウエイトが置かれる時代。。

なんだか寂しいなぁ…


90年代までは、割とそうだったのに、21世紀になったら、急に時代は変わりましたね。


**************


妙に真面目な話になりましたが、やはり桑田佳祐は、エンターテイナとしての才野は、群を抜いています!!
他の追随を許しません。


Mr.Childrenのライブとは、圧倒的に違う!


「観客を楽しませる」こんな当たり前の事に、命をかけています。


何も儲けにならないのに、あそこまで出来るのはスゴイ!


**************

そして、最後に…


単車の免許を取りました!!
わーわーわー


20代半ばに差し掛かって、ついに中免小僧です。
大先生の後を追っています。


それに伴って、免許証の色がゴールドから、ブルーに変わってしまいましたが…


でっ!


今、大吉からマグザムを売ってもらうか、僕がずっとカッコイイと思い続けていた、SRに乗るか、TW225に乗るか、


はたまた、カワサキの250TRに乗るか、本当に迷っています。



僕はバイクや車に性能を求めないタイプなので、やっぱりヤマハに目が行ってしまいます。



SRって本当にカッコイイ。。


けど、車検が発生するのがなぁ…


ただでさえ、車の車検が来年に控えているのに。。う~ん。


誰か、バイクに詳しい人がいたら、教えて下さい。

24

白岩シンジローです。


ついに24歳になりました。
連絡くれた方々、本当にありがとうございます。


あっ、今からでも大歓迎ですから!


…そんな事はどーでもいいんですが、昨日「流行語大賞」が発表されました。



なんで「金髪豚野郎」が、ノミネートされてないんでしょうか?



不思議で仕方ありません。


「金髪豚野郎」は、最高の流行語だったと思います。


今、「ラジかるッ」でも言ってました。



少なくとも「ラジかるッ」では、大流行してまして、「短髪豚野郎」なんてネタまで使ってました。


今の、華丸大吉のネタもおもしろい。
「ラジかるッ」は、最近レベルが上がってきましたね。


昨日、仕事が終わって、平塚駅から電車に乗る時に、見慣れた顔が電車に乗ってました。



しかし、同じ茅ヶ崎に住む人間なのに、なぜか彼は平塚駅で降りて、飲みに行くとか言ってました。

今日も仕事のはずなのになぁ…



その時に思ったんです。



肥満だ!



いつもは半分ネタみたいな感じで、MUAさんとかが言ってるのを聞いてたんですが、昨日見た彼は完全にメタボでした。



本当に、肉がズボンの上に乗っかってました…



いつの間に、あんな事になってしまったんでしょうか。。



軽くショックでした。



大学4年生の時に、75キロだった体重が、今では90キロはオーバーしているでしょう。


今年で、彼と出会って5年目。


その短い間の変遷を見てきて、まるで別人みたいな姿になっています。


きっと、多くの男の先輩や後輩達も、30歳を過ぎたら太ってくるんでしょうが、軽く時代を先取りしている人を見て、24にして、なんだか年を取ったんだなぁ…って実感させられました。



24なんか、社会人の中で言えば、スーパー若手。


僕は、もう少しくらい若者でいたいなぁ…

って思わされました。


とりあえず、黒烏龍茶を買い溜めしておきます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。