プロフィール

白岩シンジロー

Author:白岩シンジロー
1984年・ネズミ年生まれ。
主に、129号線沿いに出没していた。
茅ヶ崎に憧れ続け、ついに茅ヶ崎市民になった24歳。
これからは、134号線沿いに出没予定。

馬入の川みりゃ
あっちに見えるは
西湘・犯罪都市平塚
もう行かないぜOSC
これからの俺は
湘南モールフィル!!

尊敬する人

矢沢永吉。
高杉晋作。
諸葛亮孔明。

好きな言葉は
おもしろき
こともなき世を
おもしろく

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリッツ

こんばんわ。白岩です。
毎日、6時起きなのでキツイです・・・
あっ、カウント8000ありがとうございます!!!

えっと、この前に書いた「ボーイズ・オン・ザ・ラン」をなんと・・・


350円で集めています!!


僕は、今まで一度も350円で、本を集めた事がないんです!!


初めて350円コーナーから、本を手に取る僕・・・
嗚呼・・・これって大人になったんでしょうか?
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の名言。


BK20051228123454122L0.jpg




ヒーローは現れない!!


走り出すなら、今しかないぜ、ボーイ。


『土下座』か『決闘』か。

『負け組か『勝ち組』か。

『中年』か『少年』か。

『いい人』か『獣』か。


選択せよ、その人生


主人公27歳。う~ん、「ボーイズ」だから男の子でいいのかな?
男の子が走り出すのに、遅い事はないんだな!って思います。
青山をカッコイイ!って言うノヒタさん・・・
本当に、アウトローに憧れてるんですね!

男の子は、思いたったらすぐ走り出そう!!
男の子はいつまでも、10代だ!!

ノヒタさん、アイポッドシャッフルが、実はポケットに入ってた!
なんてオチはやめてくださいね!!
うま。うま。
雑炊には気をつけてください!!



っていうか、毎週月曜の楽しみはスピリッツしかないのに、なんで今週は「ボーイズ~」と、「ハクバノ~」やってないの?リン!
「アフロ田中」も最近やらないですね。
まぁ、僕は平凡な毎日みたいな漫画はあんまり好きじゃないので、別にいいんですが。

「ハクバノ~」は、ネタがないんだろうなぁ~
ヘクタ大先生が大好きだった、「つゆダク」とは大違いです。


っていうか、僕の意見なんですが「ハクバノ王子サマ」は、なんでスピリッツにあるの?って感じです。

「ハクバノ王子サマ」の名シーン(たしか1巻)。
「私は誰にも選ばれなかったから、一人なんだ・・・」というシーンがあります!
「そのセリフ・・・男性誌のセリフじゃないだろ!!」って思うんです。
ものすごい、女目線のセリフな気がするんですよ!
男は、多分こんな発想はしません。
すごいんだなぁ、朔ユキ蔵って・・・
女心っていうのが、すごいわかってるんですかね?
三十路女の、焦燥感みたいなのも、男性誌っぽくないですし。
だから、女の人が見た方が合ってる気がするんですよね~
実際、ノヒタさんとリンには評価低いですし。
(ちなみに、ヘクタ大先生の評価は高い)
いや~小江&へったさん!読んでみたら?



で、僕しか読んでないと思いますが・・あっ!STさんも読んでたらしいですが、「静かなるドン」も82巻が発売されました。

これまで、斉藤始(さいとうはじめ)やら、白藤竜馬とか、人切り異蔵やら生倉新八やら、さんざん登場してきましたが・・・
ついに、榎本武明まで登場です。。。
なんでもありかよ・・・まぁ、そこが魅力だけど。。。


あ~もう、今週は多分、更新できません!!


忙しすぎる~
けど、やりがいがあります!!


「ソラニン」も、お金が余ったら買います。


結局、何が言いたいかわかんないですが、スピリッツ買わなきゃ良かった・・・


とりあえず、このページに帰ってこれたら帰ってきます!!


ジョン万次郎 「僕にはまだ帰れるところがあるんだ・・・こんなに嬉しいことはない。」


↑これ、最近見つけて爆笑しました!!




アイシャル・リターン!!



240px-DouglasMacArthur.jpg

スポンサーサイト

<< 終わったー | ホーム | 巡恋歌 >>


コメント

それって私とはるちゃんなら三十路女の焦燥感を共感できるってコトですか??笑
ねぇ?そーゆうコト??ねぇ?笑

ねぇ!

そうゆうことなんですか!?

遅れました…

いよいよ明日が、参観実習の白岩シンジローです。
えっと、お二人に登場していただいたのは、へったさんは一緒に原宿のB・Oに行った時に、楽しそうに読んでた気がしたから、書いたんですが、よく考えたら「東京エイティーズ」でした。三十路女って…あんたら、まだ十代じゃんかよ!さすがに書きませんよ(笑)

今日は事情班の日だ!

いや、君は本当に勉強熱心だから、「ハクバノ~」のあらすじを、ほとんど知ってるからなぁ。。
朔ユキ蔵が書く恋愛感みたいなのは特徴的なんですよ。女の人の心理みたいなのが、わかってる気がします。モテるだろうなぁ。。
ちなみに、二人にはウシジマ君は合わない気がします。

頑張って白岩くん

この自習をやり遂げたら

待ってるから―


大好きな麻雀が

待ってるから―

待ってるから

この実習をやり遂げたら

大好きなヘックンが

待ってるから

洗牌して

待ってるから


45組ですから!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。